2018年11月、物置用に漬物樽の下敷きを製作。すべて廃材とあるものを利用したので製作費は0円。

漬物樽からこぼれる塩水やらなにやらが床に直接こぼれて錆のもとになるのを防ぐ目的で作成しました。簡単にいうと洗濯機用トレーのでかいやつを自作したという話。

材料は、古い物置の棚板に使っていた45cm幅の合板2枚、車庫にあった3×3cmの角材が3本、居間の長テーブルにかぶせていたビニールシート(新しいのに交換したので不用品)、3cmのビス、タッカーと針。

まず合板2枚を127cmにジグソーで適当にカット、次に角材2本を127cmにカット、角材1本から84cmを2本カット。適当にサンダーでバリとりのやすりがけをした。(精度が必要なものではないので大体適当で。笑)

合板2枚に127cmの角材を裏からビス留めしてから、84cmの角材で2枚を接合するように裏からビス留め。これで下敷きの形は一応できあがり。

下敷き(下地)
下敷き(下地)

ビス留めしたところに傷防止にビニールテープを一応貼ってみた。

下敷き(裏面)
下敷き(裏面)

表側に防水用にビニールシートをタッカーでバチバチとめて、針の打ち込みが足りないとこを金槌で叩いて打ち込み。これで完成。

下敷き(完成)
下敷き(完成)

物置に設置してみたところ。まあ廃材なので綺麗なものではないが機能的には充分。サイズはもう少し大きくしたいところだったが、あるもので作ったのでそこは妥協。

下敷きを設置
下敷きを設置

ちなみに漬物樽はこんな様子。どれが物置に入れるものか母がいなくてわからなかったのでとりあえず放置。笑

漬物樽

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です