数日前まで必要になるかなあと地デジ用室内アンテナをAmazonで物色していて、まあ千円から2千円ぐらいで買えるようなんですけども、ちゃんと映るかどうかもわからんしどうしようかなあと考えていたところ、なぜかYoutubeのおすすめでアンテナの自作動画がでてきたので見てみたところ、あまりにも簡単だったので試しにひとつ作ってみました。(笑)

理屈はわからんけどクワッドアンテナというらしいです。

参考にした動画はこちら→油ガードでらくらく作る地デジ用アンテナリベンジ編

最低限必要な材料は、アルミの油ガード(なけりゃアルミホイル)、A4のクリアホルダー、アンテナ用同軸ケーブル(端子付きでない場合端子も)。同軸ケーブルは近所の100均には売ってなかったので手持ちのを使いました。

あればいい材料は、接点用の小さめのボルト、ナット、ワッシャ。同軸の末端用のO型端子など。(要はアルミにケーブル端をくっ付けられる方法であればなんでもいいと思われる。)あと同軸ケーブルが抜けないようにクリアホルダーに固定するなにか。(針金、バンド、両面テープなどなんでも)

道具は、ホッチキス、穴あけ用のキリなど。同軸ケーブルの末端処理用のなにか(カッターなど)、ボルトナットを締めるもの。

一応作り方は、

1. アルミ天ぷらパネル(油ガード)を外形20x20cmに切って、中を15x15cm切り抜き、下のケーブル接続するとこを真ん中で分割。アルミホイルでもできるみたいだけどペラペラなのでやぶれやすくて作りづらいという欠点があるらしい。(ケーブルの接続で苦戦してぐちゃぐちゃしたのでまあそう思う。)

2. 切ったものをクリアーホルダーに入れてホッチキスでとめる。

3. アルミの末端付近にキリなどでボルトを通す穴をあけ、ボルト、ワッシャ、ナットを取り付ける。

4. 同軸ケーブルをどっちでもいいのでアルミとワッシャの間にかませて取り付ける。(まあ最悪セロハンテープでもよさそう)

5. 同軸ケーブルが抜けないように固定する。(わたしはとりあえず試しに作っただけなので省略)

以上。完成したらテレビなどのアンテナ端子に接続してテスト。

んで、わたしはどうだったかというと、さっそく部屋にあるテレビで試したところ1chから8chまでちゃんときれいに映りました。(パチパチパチ) でも手持ちだったためアンテナを動かすと映像が止まったりしたので、きれいに映るところで固定した方がいいみたいです。

だがしかし、どんでん返しで使う予定がなくなりましたので、とりあえずいつか出番がくるまでお蔵入りです。(^o^;

あと、わたしの部屋(端っこだけど一応旭川市内)ではちゃんと映りましたが、中継局からどれぐらいの距離まで映るかはわかりませんし、何かを保証できるものでもありません、Do It Yourselfということでひとつお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です