2018年2月に作成。以前にいらない箱と端材で仮に作った郵便受け口前の底上げ用の台を作り直しました。

前の台だとたくさん突っ込まれると脚にぶつかって台がずれることがあったり、台の面積が小さいので上に置けるものも限られたりといまいち不便でした。今回はこの2点の問題を改善するべく作り直しました。

郵便受け口はこんな感じ。

作ったといっても、ホーマックに行って板を買ってカットサービス(1カット50円)でぴったりのサイズにカットしてもらったものに、Amazonで調達した台脚をネジ止めしただけです。

材料は、焼桐集成材(かな?)910x400x17mm(1500円ぐらい)を840x390mmで2カット。カット面を見えない壁側にして下記の台脚を板の端から1cmあけて4x16mm(100本入りで500円ぐらい)のなべねじで取り付け。材料費は全部で3500円ぐらいかな。

ねじは下穴を貫通しないように調整してあけてから、材が桐で柔らかかったので手動で慎重に締めました。ちなみに脚の高さが10cmなのでそれ以上の長さのドライバーがあったほうが締めやすいです。

最初、台脚は板で自分で作ろうとしていろいろ考えていたんですが、材料費とカットや組み立ての加工の手間(時間)を考慮して1300円なら既製品の脚使った方が簡単だったのでこれにしました。

材質がステンとプラ(樹脂)底なので見た目がアンマッチかなとも思いますが、まあ値段で妥協しました。(^o^;

天板も予定ではパイン集成材の片R加工のクリア塗装済み(2900円ぐらい)を使うつもりだったんですが、実際に店舗にいってみたら、母が焼桐集成材を見つけてこれでいいというのでこれになりました。

カラーがちょっとグレーっぽかったのでいまいち置き場所にマッチしてない(脚とはマッチしている)かもですが値段もお手頃だったのでまあいいかなと思います。

相変わらず、置物がたくさんでごちゃごちゃしてるのは、母の趣味なのでご勘弁ください。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です